沖縄県立芸術大学
沖縄県立芸術大学 開学30周年「つくる、つなげる30年。」
新着情報

新着情報バックナンバー: ハワイ大学等交流事業 レポート【1】琉球芸能公演

2016年9月26日月曜日

ハワイ大学等交流事業 レポート【1】琉球芸能公演

沖縄県立芸術大学国際交流
東西センタ―およびハワイ大学ヒロ校・マノア校連携事業
2016年9月19日(月)〜28日(水)(現地時間)
レポート【1】 琉球芸能公演

本事業の一環として、沖縄県立芸術大学琉球芸能公演チームは上記期間にハワイに滞在し、各地で公演やイベントを行いました。そのレポート【1】をお届けします。

琉球芸能チーム
小西潤子教授、比嘉いずみ准教授、池宮一(舞台監督)、儀保ダーシー(コーディネート・通訳)、中村知子OB専門員、比嘉一惠OB、糸数成美OB、兼島翔子(博士課程)、和田信一(博士課程)、大城貴幸(博士課程)、山里静香(博士課程)、仲嶺良盛(修士課程)、徳田泰樹(修士課程)、渡嘉敷彩香(3年)、仲宗根杏樹(3年)、伊波瑠依(3年)、高里風花(3年)
東西センター芸術プログラム
Eric Chang, Annie Reynolds
9月20日(火)14:00〜15:30ハワイ大学ヒロ校でのワークショップ ほか

台風16号の影響が危ぶまれる中、琉球芸能公演チームは無事、ホノルル経由でヒロに到着しました(写真1、2)。ハワイ大学ヒロ校のキャンパスは、自然環境に恵まれた敷地内に低い校舎が広がっていました(写真3、4)。地元の野菜を使った学生食堂でランチを食べました。お弁当を見ても、日本語起源の言葉がたくさん残っていました(写真5、6)。


写真1:ホノルル空港で荷物検査

写真2:ヒロ空港での荷物積み込み

写真3:自然豊かなハワイ大学ヒロ校

写真4:キャンパス移動

写真5:そばサラダ

写真6:もち&まんじゅう

2時から、Celeste Staton先生のDance Ensemble(上級ダンスクラス)の授業でワークショップをしました。先方の学生10名、教員2名に対して、琉球芸能専攻の学生らが雑踊り≪黒島口説≫を披露し、体験をしてもらうとともに、琉球芸能で用いる楽器を紹介しました(写真7、8)。


写真7:≪黒島口説≫の披露

写真8:琉球楽器の説明

写真9:ワークショップ

写真10:Dance Ensemble受講生と

ワークショップ参加者は、日ごろからダンスをしているだけに身体の使い方がとても上手で、大変熱心に取り組んでいました。その後、琉球芸能公演チームの学生からのリクエストに応えて、ワークショップ参加者がそれぞれ日常的に勉強しているダンス(ヒップホップ、フラ、モダンダンス)のデモンストレーションをしてくれました。また、沖縄県系の学生もいて、学生同士が情報交換をする機会にもなりました。

9月21日(水)12:30〜13:45 ハワイ大学ヒロ校ハワイ言語学科William Wilson教授(Academic Division Chair)・Yumiko Ohara准教授と沖縄県立芸術大学音楽学部小西潤子教授・比嘉いずみ准教授とのしまくとぅばプロジェクト打ち合わせ

来年度から本格的にスタートするしまくとぅばプロジェクトの先行事例として、ヒロ校での取り組みを参考にしたいと考え、小西潤子教授・比嘉いずみ准教授がハワイ言語学科 William Wilson教授(Academic Division Chair)・Yumiko Ohara准教授のもとを訪ねました。学科内の掲示はすべてハワイ語で、教職員も全員ハワイ語を話していること、1985年に18歳以下でハワイ語話者が50人だったところ、フラの実践など文化活動を通してのハワイ語復興が始まったこと、ヒロ校言語学科が保育園など付属学校園と連携した教育を行い、ハワイ語で博士論文を書く博士課程まで充実したカリキュラムに即していることなどをうかがい、大変参考になりました。


写真11:ハワイ語のストーリーの前で(小西教授、Wilson教授、比嘉准教授)

写真12:小西教授、Y.Ohara准教授、Wilson 教授
9月21日(水)19:30〜21:30 ハワイ大学ヒロ校パフォーミング・アーツ・センターでの琉球芸能公演

今回のツアーで第1回目のフル・プログラムとして、ハワイ大学ヒロ校パフォーミング・アーツ・センターで、同マネージャーのLee B. Dombroski氏の協力により琉球芸能公演をしました。600人の観客席を埋める方々から、温かい拍手をいただきました。≪かぎやで風≫などお馴染の古典芸能のパフォーマンスに際しては、客席で一緒に口ずさむ方々もいらっしゃいました。公演に際しては、同大学の学生ボランティアが裏方として舞台づくりに入りました。
元県費留学生のダーシー・儀保氏は、ツアー・コンダクター、通訳、司会と大活躍でした。OBの比嘉一惠氏とゆかりのあるハワイの琉球芸能関係者・安次嶺ロイスさん、同ターヘレさんらとの旧交を温めました。県系の方々らは、公演後御心のこもったレセプションをしていただき、あらためて沖縄とハワイとの結びつきの強さを実感しました。


写真13:《かぎやで風》

写真14:元県費留学生、D.儀保氏の司会

写真15:OB比嘉一惠氏エークの踊り

写真16:県系人らとの交流
9月22日(木)10:30〜11:30 カヒル劇場(Waimea)で地元の小学生(さまざまな学校)向けへのミニ公演

ヒロでの公演後ワイメアに移動し、ハワイ州などが運営しているカヒル劇場に集まった地元の小学生(さまざまな学校に所属)向けへのミニ公演をしました。これは、東西センターのアウトリーチ活動の一環です。子どもたちは、初めて目にする琉球芸能をとても熱心に見入っていました。質問コーナーでは、「最初に芸能を作ったのは誰か?」「皆さんは、何歳から芸能を始めたのか?」などたくさんの質問を受けました。
参加したなかでも、Kanu O Ka ‘Aina Charter Schoolの子どもたちは、開演前から客席でハワイの伝統的な朗唱をして待ち、終演後には「ありがとう」の意味を込めて1曲うたってくれました。この学校の伝統として、ハワイの文化を子どもたちに学ばせているということでした(写真17〜20)。


写真17:カヒル劇場

写真18:子どもたちを乗せたバス

写真19:開演を待つ子どもたち

写真20:公演後スタッフらと

文責:プロジェクト・マネージャー&教授 小西 潤子

ラベル:

現在のページ
  1. ホーム
  2. 新着情報バックナンバー: ハワイ大学等交流事業 レポート【1】琉球芸能公演
大学概要
学長あいさつ
建学の理念
大学概要
大学のあゆみ
大学の組織
教員総覧
国際交流
附属施設
大学刊行物
大学案内
美術工芸学部
音楽学部
大学院
芸術文化学研究科(大学院後期博士課程)
全学教育センター
附属研究所
附属図書・芸術資料館
入試案内
美術工芸学部
音楽学部
大学院
資料請求
イベント情報
オープンキャンパス・サマースクール
展覧会・展示会
演奏会
ワークショップ/公開・文化講座
学内外のみなさまへ
県民・一般のみなさまへ
在校生のみなさまへ
卒業生のみなさまへ
企業のみなさまへ
アクセス
アクセスMAP
お問い合わせ
窓口一覧
お問い合わせフォーム
よくある質問とその答え
教員採用
美術工芸学部
音楽学部

沖縄県立芸術大学

TEL:
098-882-5000(代表)
FAX:
098-882-5033
© Okinawa Prefectural University of Arts.
首里当蔵キャンパス:
〒903-8602 沖縄県那覇市首里当蔵町1-4
首里金城キャンパス:
〒903-0815 沖縄県那覇市首里金城町3-6
首里崎山キャンパス:
〒903-0814 沖縄県那覇市首里崎山町4-212-1
国公立五芸術大学